環境活動イメージ

csr

環境活動への取り組み

CSR

環境活動への取り組み

環境負荷の軽減と地域との共生を図る、
ワシントンホテル株式会社の「CSR」。

当社グループでは、事業活動を通して環境負荷の低減に努めるとともに、企業市民として地域と共生を図る活動を推進しております。
また、それらの活動を通して、「持続可能な開発目標(SDGs)」に貢献できるよう努めていきます。

ENVIRONMENTAL ACTIVITIES

当社グループでは、使い捨てとなってしまう歯ブラシとかみそりを一定回数持参し宿泊いただいたお客様に、QUOカードを進呈する活動や、プラスチックマドラーの木製マドラーへの変更、プラスチックストローを生分解性ストローに変更するなど環境負担の低減につながる取り組みをしております。今後もプラスチック製品のさらなる使用抑制に努めていきます。

1)歯ブラシ・かみそりの使用抑制

使い捨てとなってしまう、歯ブラシ、かみそりを持参されたお客様(お渡し不要の方や、客室内のものを未使用の方)には宿泊5回分で、500円分のQUOカードを進呈。

1)歯ブラシ・かみそりの使用抑制

ワシントンホテルプラザチェーン及びR&Bホテルチェーン全店(2020年5月現在)において、
客室内に常設せず、必要な方のみにフロントでお渡し。

実施時期 客室内に設置していないのはR&Bホテル1号店開業当初(1998年4月)から。
QUOカードの進呈は、R&Bホテルでは2005年3月から先行実施。
2011年1月からワシントンホテルプラザでも開始。
該当ホテル ワシントンホテルプラザ、R&Bホテル
効果 ワシントンホテルプラザで年間約13万室分、R&Bホテルで年間約32万室分
(2020年3月期実績)

朝食時に、コーヒーを部屋に持ち帰られる際に使うマドラーを、プラスチック製から木製のものに変更。
※プラスチックマドラーを使用していない一部WHPは、木製マドラーを使用しておりません。

実施時期 2018年12月から順次変更
該当ホテル ワシントンホテルプラザ
効果 年間 約46,000本
(2020年3月期実績)

3)プラスチックストローの使用抑制

飲食時に提供しているプラスチック製のストローを、生分解性ストローに変更。
※生分解性ストローは、微生物の働きにより水と二酸化炭素に分解される植物由来の“生分解性プラスチック素材”から作られており、
自然環境への負荷が少ないという特徴を有しています。

実施時期 2019年5月~
該当ホテル ワシントンホテルプラザ、名古屋国際ホテル、ゴルフ場レストラン
効果 年間 約143,000本
(2020年3月期実績)

CONTRIBUTION TO LOCAL COMMUNITIES

当社グループでは、一部の事業所において、災害時の帰宅困難者受入及び避難施設として登録及び犯罪被害者等に対する宿泊施設の提供を行っております。
例えば、新大阪ワシントンホテルプラザでは、新大阪駅周辺地区帰宅困難者対策協議会(東淀川区役所と淀川区役所が事務局として参加)による帰宅困難者対策訓練(2019年11月)において、ホテル内を一時滞在スペースとして設営し、受入手順を確認しております。今後も積極的に協力していきます。
その他、AEDの設置等、地域と共生できるホテル運営を行っていきます。

新大阪ワシントンホテルプラザ 新大阪周辺地区帰宅困難者受入施設(新大阪駅周辺地区帰宅困難者協議会)
徳島ワシントンホテルプラザ 津波(地震)発生時の一時避難施設としての使用(徳島市)
奈良ワシントンホテルプラザ 災害時における宿泊施設の提供(奈良県)
R&Bホテル6事業所 犯罪被害者等に対する宿泊施設の提供(警視庁)
ワシントンホテルプラザ1事業所 ストーカー、配偶者からの暴力被害者等の一時避難施設

現在、ワシントンホテルプラザの4事業所に設置しております。
今後も順次設置を目標としております。

CONTACT

事業や土地活用に関するお問い合わせはこちら

ホテルを探す