TOP MESSAGE

トップメッセージ

私たちのお約束

当社は1964年の「名古屋国際ホテル」の開業を経て、1969年にはビジネスマンが出張旅費の範囲内で、経済的かつ安心・快適にご宿泊いただける 「ワシントンホテル」の第1号店を名古屋市に開業いたしました。
以来、私たちは、お客様の利便性と快適性を第一に考え、客室や飲食店といったホテルとしてのハード面、並びに客室備品や従業員の接客サービスといったソフト面の質の向上に取り組んでまいりました。スタッフ一人ひとりが、つねに快適な空間づくりと、あたたかなおもてなしを心がけ、 ひとりでも多くのお客様に「よかった、 また来るよ」というお言葉を頂戴できるよう、日々努めております。
これからもお客様のご期待と信頼にお応えできるよう、ホテルを営む会社としての誇りと責任を持ち、「ワシントンホテルプラザ」と「R&Bホテル」をトップブランドに育てていくたゆまぬ努力を続けてまいります。

今後の経済情勢は、新型コロナウイルス感染症が経済に与える影響については先行き不透明であり、ホテル業界においても、観光・レジャー需要はコロナ前の水準まで回復するもののビジネス需要は十分に戻らず、インバウンドの回復にも長い時間がかかることが想定されます。そのような中でも多様なお客様に選ばれるホテルへ変化していくために、「収益力向上戦略」「生産性向上戦略」として以下に取り組んでまいります。

 

《収益力向上戦略》
新たな利用層を拡大するために、ファミリーやグループ利用を獲得してまいります。そのために、従来のシングルルーム2部屋をツインルームに改装するなど複数名利用が可能な客室を適宜増室していくほか、予約サイトにおいてもお子様連れのお客様が分かりやすく、希望に沿った客室が適切に提示されるように改修を行ってまいります。
ビジネスや法人利用の獲得については、潜在顧客を開拓するための営業活動を強化し、多様化するお客様の利用動機に訴求できるよう、利用動向の分析やニーズを把握しての広告宣伝活動を強化してまいります。
当社の顧客基盤である会員制プログラム「宿泊ネット」につきましては、加盟店増加による利便性向上やWEBサイトのユーザーインターフェースの改善、SNS等を使った情報発信によって顧客コミュニケーション機会を増やして、新規会員の増加と利用促進につなげてまいります。
また、レベニューマネジメントの強化といたしまして、需要に応じて適正な価格で販売し利益の最大化を図るため、レベニューマネージャーを配置し、タイムリーな価格変更ができる仕組み化に取り組んでおり、既に一部事業所で取り入れている自動化ツールを、今年中に全事業所へ展開してまいります。
その他、ホテルの競争力強化投資として、ハード面では、優先順位をつけながら順次改装(2023年3月期は、2ホテルのリニューアルを予定)を進めており、ソフト面では、各事業所で接客に優れたスタッフを、リーダーとして任命し、現場からも主体的に改善していく体制を昨年から構築するなど、本部と一体となった接客力の強化を継続的に推進してまいります。

 

《生産性向上戦略》
損益分岐点を下げるためのコスト削減・生産性の向上といたしましては、引き続き家賃・管理料の減額又は変動費化を継続交渉するほか、当事業年度に着手したワシントンホテルプラザとR&Bホテルの営業基幹システムの統合が2022年12月完了予定であり、ランニングコスト低減に加えて、両事業間の人員配置の柔軟性を高め、生産性の向上を図ってまいります。なお、高騰が懸念される光熱費につきましては、お客様にご不便を感じさせない範囲で最大限の節電に努め、使用量を低減してまいります。

 

今後も予断を許さない状況が続きますが、早期の業績回復を図るとともに、お客様に選ばれるホテルへと変化していくよう、全力で取り組んでまいります。
引き続きかわらぬご支援を賜りますようお願い申し上げます。

2022年6月24日 代表取締役社長 内田和男

CONTACT

事業や土地活用に関するお問い合わせはこちら

ホテルを探す